新着情報

NEWS

業界ニュース【令和6年2月から】介護職員6000円賃上げへ

公開日: 更新日:

介護職員6000円賃上げへ

11月10日、令和5年度補正予算案が閣議決定されました。
 
補正予算の追加額は全体で1兆4,151億円(一般会計1兆4,144億円、労働保険特別会計4.8億円、年金特別会計2.9億円)。
そのうち「医療・介護・障害福祉分野の職員に対する処遇改善に向けた支援」に539億円計上されました。
(内訳は、看護補助者49億円、介護事業所の介護職員364億円、障害福祉サービス事業所の福祉・介護職員126億円)。
 
この補助金により、介護職員等の収入を2%引き上げるための措置が令和6年2月から実施されます。
対象期間は、令和6年2~5月の賃金の引き上げ分となります。
 
賃上げ効果が継続される取組を行うことを前提として、介護職員等ベースアップ等支援加算に上乗せする形で、収入を2%程度(月額平均6,000円相当)引き上げるための措置を行います。
 
介護職員が対象ですが、事業所の判断で、他の職員の処遇改善に充てることができるよう柔軟な運用を認めるとのことです。
 
介護事業所等は「処遇改善計画書」により申請することで補助金が交付され、賃金改善期間後に「処遇改善実績報告書」によって実績を報告する必要があります。
 
事業の目的は、他産業への流出防止や必要な人材の確保。春闘における賃上げに対して、介護業界の賃上げが低水準であることを踏まえ、社保審・介護給付費分科会等で議論されている次期介護報酬改定に先んじて実施されるとのことです。
 
令和5年度 補正予算案の主要施策集
 
現在、介護職員として従事されている方はもちろんですが、これから介護業界で働きたいと思われている方にとっても朗報です。
今後ますます高齢者が増えていくにあたり、介護職を担ってくださる方の人材不足が課題です。
 
ほねつぎデイサービスでは介護職員だけでなく、生活相談員、機能訓練指導員を随時募集しております。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

  LINE友達追加はこちらから

加盟金等コストの内訳はこちら