ほねつぎデイサービス

新着情報

NEWS

振戦とは【パーキンソン病の症状】

公開日: 更新日:

パーキンソン病は、脳の特定領域が変性することで、主に運動障害が現れる病気です。
代表的な症状は、「振戦」「動作緩慢」「筋固縮」「姿勢反射障害」と言われており、今回は「振戦」について詳しくみていきます。

 

〇安静時の振戦

振戦(しんせん)とは、筋肉の収縮と弛緩が繰り返されたときに起こる、自分の意志とは関係ない「ふるえ」を指します。
振戦は、生理的に起こってしまう場合や、薬の服用が原因で発生する場合もありますが、パーキンソン病の初期症状として一番多い症状でもあるため、放置することは危険です。
 
パーキンソン病の症状の「振戦」の特徴は、安静時にふるえる「安静時振戦」ということです。
パーキンソン病の方の6割以上にこの症状が見られます。
安静時振戦には、以下のような特徴があります。
・手足などがふるえやすく、多くは左右どちらか片方のみに現れる
・進行すると両手足・脚、口唇やあごにも現われることもある
・動作中・睡眠時にはふるえが現れない
・意識的に手足を動かしている最中には、振戦が治まる
 

〇本態性振戦との違い

ふるえは、寒さやストレス、緊張等、日常的でも起こりえる現象です。
ふるえが起こる病気となると、一番多いのが本態性振戦と呼ばれる病気で、たまにパーキンソン病と間違われることがあります。
本態性振戦はふるえのみを症状とする病気で、特定の動作を行っているときにふるえ(動作時振戦)が見られます。
パーキンソン病のふるえは安静時振戦であり、ふるえ以外にもさまざまな症状があるという違いがあります。
 
ほねつぎデイサービスではパーキンソン病の改善プログラムをご用意しております。
体験会は随時開催しております。お気軽にお問い合わせください。

柔道整復師が活躍する『ほねつぎデイサービス』

柔道整復師が活躍する『ほねつぎデイサービス』

ほねつぎデイサービスは整骨院事業を母体としたデイサービスです。
柔道整復の技術を用いて、地域の在宅介護・医療に貢献しています。

加盟金等コストの内訳はこちら